今話題のプラセンタサプリメントの効果

as

美容や健康に良いと言われているプラセンタの名前は聞いた事がある人も多いでしょう。様々な美容商品や健康商品の中にプラセンタエキスが配合されています。

しかし、プラセンタエキスがどのようなものなのか、どういう効果があるのかまでは知らない人も多いのではないでしょうか。

実はプラセンタと一口に言っても、プラセンタの原料となるものは馬や豚、羊、人、植物など様々です。動物性プラセンタに関しては動物の胎盤から抽出されたエキスをプラセンタエキスと呼んでいます。

植物性プラセンタは、胎盤エキスではないのですが、効果や構造が近い物をプラセンタと呼んでいます。

ヒトプラセンタは人の胎盤から採取されるため、人の美容や健康には一番効果がありますが、非常に貴重な上に医療機関でしっかりと管理されていて注射で使用されます。

主に市販のサプリメントに使用されているのは馬や豚、羊などから取れるプラセンタを使用しています。

効果としては馬のプラセンタが非常に高く価格も高めです。価格を安く抑えている商品には豚プラセンタが多く使われています。

プラセンタサプリメントの効果と副作用

プラセンタは動物や植物がこれから成長する上で必要な栄養素が凝縮しています。そのためサプリメントや化粧品、健康食品などから体内に取り入れることで様々な効果を生み出します。

まず一つは美肌効果です。メラニン色素の生成を抑え、肌のターンオーバーを正常化させることによってくすみをとり白い肌を目指します。

また、コラーゲンの生成を助ける働きや保湿効果によって肌の潤いを補います。更に細胞の増殖や再生力を高める働きによって肌のダメージを速やかに修復させます。

次に健康に関する効果として、血行を促進させ肩こりや腰痛、冷えなど血行不良が原因で生じる様々な不快症状を取り除き、美容や健康に大きな被害を与えると考えられている活性酸素を除去することでアンチエイジング効果もあります。

免疫力を高め、病気などにかかりにくい体質を作り、アレルギーも抑えます。抗炎症作用もあるため日焼けや体の軽い炎症を抑える役割もします。

そのほか、朝起きるのが楽にすっきりと起きれるようになる、更年期障害やPMS、整理痛など女性特有の症状が軽くなる、お酒に強くなり、二日酔いをしなくなるなどといった効果も見られます。

このように万能薬のように思えるプラセンタサプリメントですが、サプリメントに使われているほかの原料やプラセンタそのものがアレルゲンとなってアレルギーを起こしてしまうことがあります。

アレルギーを引き起こしてしまう場合は服用を中止して医師に相談してみましょう。アレルギー以外の重篤な副作用は今のところほとんど報告されていません。

プラセンタサプリメントの特徴と服用方法について

ass

美容や健康、アンチエイジング、更年期など年をとるに連れて気になってくる悩みにダイレクトに効果があり、それでいて副作用が非常に少ないと言われているプラセンタエキス。

プラセンタエキス配合と書かれているだけで何となく効きそうな気がすると思っている人も多いです。

しかし、実際にはプラセンタサプリメントだけでもメーカーやプラセンタの種類などによって価格が異なってきます。

また、プラセンタにはいくつかの種類があり、その種類によっては効果の現れ方にも違いがあります。

自分に合ったプラセンタサプリを選ぶために、プラセンタエキスにはどのような種類があってどのような違いがあるのか、また、どのように服用すればいいのかなどについて紹介していきます。

 

プラセンタの種類による特徴の違いと飲み方

プラセンタエキスには人、馬、豚、羊の胎盤から抽出されたエキスと、植物が生長するために栄養をためている胎座と呼ばれる部分から抽出した植物性のものがあります。

このうち人のプラセンタエキスは、国立病院で母子ともに何の問題もなく出産を終えた親の胎盤から採取され、病院内で厳重に保管されます。

美容や健康に医師が必要と処方されたときに、注射でのみ受けることができるため、一般に出回ることはありません。

植物の胎座から抽出されたプラセンタは効果がプラセンタに似ているためプラセンタとして扱われていますが、効果の現れ方は弱く、服用には向いていないため、化粧品などで肌から取り込むほうが効果を発揮します。

主にサプリメントで出回っているのは馬や豚、羊から採取されたプラセンタです。その中でも特に効果が高く、価格も高いのは馬プラセンタのサプリメントです。

馬は年1回に1頭だけ出産し、妊娠期間が長いことや余り病気をしないこと、また、豚プラセンタにはみられないアミノ酸も豊富に含まれているため価格は高くてもそれだけの価値はあるサプリメントとして注目を浴びています。

羊プラセンタも人のプラセンタと構造が非常に良く似ていて、アレルギー反応や拒絶反応の起こりにくい商品として注目は浴びています。

狂牛病の問題以降日本国内で海外から反芻動物(牛や羊)などの胎盤を使用してはならないと言う通達があるため、日本国内で売られている羊の胎盤が原料のプラセンタサプリメントは全て輸入品です。そのため国内でも流通量が非常に少なくなっています。

豚は年2回、1回の出産で10頭前後出産します。そのため豚プラセンタは大量生産が可能です。サプリメントやドリンクなどに使用され安価で提供されています。

しかし、豚は病気にかかりやすいため予防接種を受けたり、薬剤を投与される機会が多いため、安全性やプラセンタの質の面で馬や羊に比べると若干不安が残ります。

効果が現れるのみ方は飲む目的によってタイミングは若干異なります。美肌や朝おきたときのすっきり感が目的の場合は夜寝る前、疲労回復や二日酔い防止の場合は疲労を感じたときや、お酒を飲む前などに飲むと効果が現れやすくなります。

ただし、いくらプラセンタとはいえ、そのときにだけ飲むのは効果は現れません。必要な期間毎日続けることで効果がアップします。

プラセンタサプリメントの効果的な摂取方法

美容や健康、アンチエイジング、更年期や生理などの女性特有の悩みなどでプラセンタエキスの入ったサプリメントを購入する人は多 […]

続きを読む